海外大学字幕プロジェクト

Heinrich Heine University Dusseldorf
ハインリッヒ・ハイネ大学デュッセルドリュフ
期 間
2017年4月19日~2017年5月16日
参加人数
18名
作品名
『自販機の光にふらふら歩み寄り ごめんなさいってつぶやいていた』(2017年/カラー/35分/製作・脚本・監督:杉田協士)
JVTA 担当講師
石井清猛、ジェレミー・クールズ

※このプロジェクトで制作した字幕は、ドイツ、フランクフルトで開催される世界最大の日本映画祭「ニッポン・コネクション」のニッポンビジョン部門で上映されます。

大学からのメッセージ
エリザベス・シェーラー教員

エリザベス・シェーラー教員

Dr. Elisabeth Scherer

今回JVTAとの共同プロジェクトを実施することができ大変うれしく思います。本学には日本の文化や映画に高い関心を持つ学生がたくさんいます。そしてそんな学生たちにとって映画の字幕翻訳に取り組めるのは夢のような機会と言えます。字幕制作を実際に体験できるだけでなく、自分たちで翻訳した作品が映画祭で上映されるのです。本当にすばらしいプロジェクトだと思います!

We are very grateful for the opportunity this cooperation with JVTA provides to our students. Most of our students are very much interested in Japanese popular culture and film, and working as a translator in that field is a dream for many of them. This course offers first-hand experience of subtitling a Japanese film, and the students will even be able to see the result of their work on a big screen at a film festival. A really great project!

Project News記事一覧

【4/19】“伝わる字幕”作りをグループワークで体感! 初回講義が終了

How to tell a story through subtitles? -The visual media subtitling lecture with Heinrich Heine University Dusseldorf gets underway-

日本の短編映画を海外の大学生が世界に発信する「海外字幕プロジェクト」の第2弾が始まりました。ハインリッヒ・ハイネ大学デュッセルドリュフ(ドイツ)の学生およそ20人が、ドイツで行われる世界最大級の日本映画の祭典「ニッポン・コネクション」で上映される短編映画の字幕制作に挑戦します。

初回の講義では、「映像翻訳で大切な点は何か?」をテーマに講義が行われました。まずは石井清猛講師が登壇。映像翻訳の目的、手法、映像作品の解釈などについて話しました。

続いてジェレミー・クールズ講師のレクチャー。初めて英語字幕を作るグループワークでは、学生たちが4~5人に分かれて日本のテレビドラマのワンシーンにつける字幕を考えました。講師からフィードバックを受けてディスカッションを重ねる中で、場面から読み取れる文化的文脈の側面への理解も深めました。

「伝わる字幕」を生み出す過程を経験した学生たちは、次回の講義に向けた宿題で短編映画の翻訳に挑みます。
Students from Heinrich-Heine-University Dusseldorf in Germany began their first steps toward sharing Japanese short films with the world with the Global Universities Subtitling Project. About 20 enthusiastic students take on the challenge of subtitling a short film which will be screened at "Nippon Connection," one of the world’s largest Japanese film festivals held annually in Frankfurt, Germany.

Kiyotake Ishii started off the class by introducing the basic concepts, target, and purposes in visual media translation.

Jeremy Kuhles then took over and moved on to the workshop part.where the students worked in groups on subtitling of a clip taken from a Japanese TV drama series. The instructor gave them feedback about their subtitles, and actively involved them in a further discussion regarding the cultural context of the scenes.
写真
学生たちは、日本語特有の表現に苦労しながらも、次々に良いアイデアを出して字幕をブラッシュアップさせていきました。
Students had a hard time translating ideas that are unique to Japanese language, but they came up with some brilliant ideas.