海外大学字幕プロジェクト

Heinrich Heine University Dusseldorf
ハインリッヒ・ハイネ大学デュッセルドリュフ
期 間
2018年4月12日~2018年5月17日
参加人数
15名
作品名
『したさきのさき』(2015年/カラー/45分/監督:中山剛平)
JVTA 担当講師
石井清猛、ジェシー・ナス

※このプロジェクトで制作した字幕は、ドイツ、フランクフルトで開催される世界最大の日本映画祭「ニッポン・コネクション」で上映されます。

大学からのメッセージ
エリザベス・シェーラー教員

エリザベス・シェーラー教員

Dr. Elisabeth Scherer

今回JVTAとの共同プロジェクトを実施することができ大変うれしく思います。本学には日本の文化や映画に高い関心を持つ学生がたくさんいます。そしてそんな学生たちにとって映画の字幕翻訳に取り組めるのは夢のような機会と言えます。字幕制作を実際に体験できるだけでなく、自分たちで翻訳した作品が映画祭で上映されるのです。本当にすばらしいプロジェクトだと思います!

We are very grateful for the opportunity this cooperation with JVTA provides to our students. Most of our students are very much interested in Japanese popular culture and film, and working as a translator in that field is a dream for many of them. This course offers first-hand experience of subtitling a Japanese film, and the students will even be able to see the result of their work on a big screen at a film festival. A really great project!

Project News記事一覧

【4/19】映画のクライマックスはどこ!? クラス内では意見が割れて…

【4/19】How do you go about identifying the climax in a film?

第二講では映像作品の構成について学んだ後に、課題作品の分析に取り組みます。映画やドラマを字幕翻訳する上で大切なのが、その作品のストーリー構成を把握しておくこと。そこで、学生たちはストーリー仕立ての短いコマーシャル動画を見ることから始めました。

ディスカッションを経て分かったのが、作品の長短に関わらず、ストーリーにはメインキャラクターがいて、その人物の目的を知ることが作品を分析する第一歩だということ。そして、「三幕構成」という伝えるためのアプローチがあるということでした。

新たな視点を得た学生たちは、早速課題作品の分析に取り組みます。そして、クラスで話し合ううちに、どのパートがクライマックスなのか意見が分かれることが明らかになりました。例えば、感情が高まった主人公・咲紀が智哉の机を見て“ある行動”に出るパートを指す学生もいれば、さらに終盤の、咲紀と亜子が思わぬ行為に及ぶシーンだと言う学生も。

そこで、学生たちは三幕構成の基本的な考え方に立ち返って、作品を大きく3つに分割。メインキャラクターである咲紀の目的を明確にし、それに紐づくシーンを探すことで、物語後半の“あるパート”にクライマックスがあることを確認しました。
In the second class, GUSP students tried their best at analyzing a film after learning about cinematic structure. Knowing and understanding cinematic structure is vital to creating subtitles for movies and dramas, so students began by watching and analyzing the story of a short commercial.

Through class discussion, the students learned that regardless of the length of the film, there is always a main character. They realized that knowing the main character’s motive or objective is the first step in analyzing any film piece, and learned about an approach to telling a story called the three-act structure.

Keeping this in mind, the students jumped into analyzing the short film they were assigned. In the course of their discussion, it grew clear that many of the students’ opinions on where the climax of the story is were quite divided. For example, some thought it was the action that Saki took after looking at Tomoya’s desk, while others thought it was more towards the end of the film.

After that, the students revisited the basics of the three-act structure and divided the film into three major parts. Clarifying the main character Saki’s objective, they searched throughout the film for scenes relevant to her motive and came to the conclusion that the climax was somewhere in the second half of the story.
写真

【4/12】新プロジェクトがスタート 映像翻訳の世界に足を踏み入れる学生たち

【4/12】Taking the first step into the world of visual media translation

海外大学字幕プロジェクト第4弾がハインリッヒ・ハイネ大学デュッセルドリュフで始まりました。同大学の学生たちが日英字幕翻訳のスキルを身につけ、日本の短編映画『したさきのさき』の日英字幕翻訳に挑みます。完成した字幕は、ドイツで行われる世界最大級の日本映画の祭典「ニッポン・コネクション」で上映されます。

教室に集結したおよそ15名の学生たちはもちろん日本のコンテンツが大好き。自己紹介のコーナーでは映画やドラマ、アニメに限らず、日本のロックバンドや人気ゲームの話題も挙がりました。また、今回は日本から来た留学生も2名参加しています。

映像翻訳の基本的な考え方を知るためのレクチャーを聞いた後は、早速ワークショップへ。日本の有名なテレビコマーシャルのキャッチフレーズを、まずは映像を見ない状態で翻訳し、その後に映像を見てリライトしてみるというものです。

学生たちは自身の訳について、クラスで意見を交換した後に発表。映像を見た後の方が、コマーシャルのストーリーやメッセージを反映した言葉を選べることが分かりました。

映像翻訳が言葉だけではなく、コンテンツそのものを翻訳する仕事だと知った学生たちは日本のテレビドラマを使った字幕翻訳のワークショップにも続けて取り組み、基礎を身につけました。
The fourth Global University Subtitling Project (GUSP) has officially begun at Heinrich Heine University Düsseldorf. Students participating in this course will learn the necessary skills required for Japanese to English subtitle translation, and work together to translate a Japanese short film called “Deep Tastes”. The English-subtitled version of the film will then be shown in Germany at this year’s Nippon Connection, the largest Japanese film festival in the world.

This time around, we have about 15 students taking the course, including two exchange students from Japan. As usual, they all took turns introducing themselves, and sure enough, everyone really likes Japanese media content. In addition to Japanese dramas and anime, many of them brought up their favorite Japanese rock bands as well as popular Japanese video games.

After a lecture on the basics of visual media translation, the students began the first exercise. They were instructed to translate the slogans of famous Japanese commercials without actually watching the commercials. Afterward, they would then watch the commercial and rewrite their translations accordingly.

Once they were done, the students shared their translations with the class after discussing them in groups. Many of them realized they were able to pick and choose words that better reflect the story and message of the commercial after they actually saw it.

After learning the basics of visual media translation and realizing that it is not just about translating words, but rather the content as a whole, the students continued onward to their next exercise of translating English subtitles for a Japanese TV drama.
写真