日本映像翻訳アカデミー

最新ニュースアーカイブ

US国際フィルム&ビデオフェスティバルで日本の番組が大健闘!
今週木曜日、US国際フィルム&ビデオフェスティバルの結果が発表されました。今年のUS国際賞に出品されたのは世界29か国で制作された1100本の映像作品。日本からも数多くの作品がエントリーしています。厳選な審査を経て選ばれた受賞作品の中から、JVTAが英語字幕などに携わった作品をご紹介します。

金賞(Gold Camera)は全20作品が受賞。日本からは、フジテレビやNHK、毎日放送などの7作品が受賞しました。JVTAが英語字幕を手がけたのは下記の3作品です。

『わ・す・れ・な・い 東日本大震災155日の記録』(★最優秀ノミネート)
『復興SP ガレキの開拓者たち』(★最優秀ノミネート)
『マルモのおきて』

銀賞((Silver Screen)は全28作品が受賞。うち、7作品が日本の作品です。フジテレビ、NHKなどから出品されました。JVTAが英語字幕を手がけたバラエティ番組『ほこ×たて SP』も受賞しています。

3等(Certificates of Creative Excellence)には60作品が選ばれました。JVTAが英語字幕を担当したバラエティ番組『逃走中2011?卑弥呼伝説?』を含む、日本作品8作品も受賞しています。

最優秀ノミネートに選ばれた★印の2作品は「最優秀賞(グランプリ)」の選考候補になっており、その行方が注目されます。発表は6月27日(水)の予定です。

※US国際フィルム&ビデオフェスティバル
1967年に創設された世界最大級のフェスティバル。テレビドラマやドキュメンタリー番組、教育番組、科学映画などその対象は多岐にわたる。

公式サイト
http://www.filmfestawards.com/
一覧に戻る