日本映像翻訳アカデミー

最新ニュースアーカイブ

【浅野一郎の「映像のバリアフリー化」ってどういうこと?】
第1回:「最新のバリアフリー上映システム」に触れてみる
皆さんは洋画を見るとき字幕派ですか? それとも吹き替え派ですか?
受講生・修了生の皆さんは、映像翻訳を学ぶときにたびたびこの質問を受けてきたと思います。

これがバリアフリー上映される映画となると、選択肢は「字幕」と「音声ガイド」に変わります。そして、選ぶ基準は個人の好みではなく、自らの状況に合わせて選択するということになるのです。

現在上映中の韓国のドキュメンタリー映画「渚のふたり」は、最新のバリアフリー上映システムで公開されています。

本作では、映画本編の韓国語音声に対して、話者や音声情報などを表記した日本語のバリアフリー字幕がスクリーン上に表示されます。さらに希望者に無料で貸し出されるiPod touch(貸し出し台数には限りがありますを利用して「日本語吹き替えと音声ガイド」か「英語字幕」を選んで鑑賞できるのです。)

映画などの映像コンテンツのバリアフリー化は、単なる福祉対応にとどまりません。ハンディキャップの有無、民族や文化、言語の違いなどを超えて、すべての人が平等に楽しめる世界への第一歩なのです。

この機会にぜひ、最新の上映システムでバリアフリー映画を体験してみてください!

★「渚のふたり」 公式Webサイトhttp://nagisanofutari.jp
※映画の内容、上映館などの詳しい情報、iPod touchの貸し出しについての詳細はこちらでご確認ください。

【浅野一郎の「映像のバリアフリー化」ってどういうこと?】
第2回:「クローズドキャプション」は誰にも役立つツール!
第3回:お笑いDVDにも字幕がつき始めた! ?「サンドウィッチマンライブツアー2013」での試み?
第4回:「皆で一緒に笑いたい!修了生たちの声」
第5回:「『音声ガイド』は心強い“実況中継”」
第6回:「より多くの人と映像作品を楽しむ為に」
第7回:制作現場の最前線で活躍するライターたち
第8回:音声ガイドとバリアフリー字幕を動画でチェック!





----------------------------------------------------------
□「MASC×JVTA バリアフリー視聴用 音声ガイド&字幕ライター養成講座」
2014年4月19日(土)開講!

※コースへのお申し込み・お問い合わせ:電話(03-3517-5002)またはメール(barrierfree@jvtacademy.com)でご連絡下さい(担当:浅野)。

◆コースの詳細はこちらhttp://www.jvtacademy.com/chair/lesson3.php
一覧に戻る