日本映像翻訳アカデミー

最新ニュースアーカイブ

ロサンゼルス校の留学生に聞く!
留学決意の決め手、入学後の手ごたえは!?現地の声をお届けします!
東京校のスタッフがロサンゼルス校に出張し、2011年4月期生の留学生に突撃インタビュー!留学決意までの経緯と、入学後の手ごたえについて留学生の現地の声を伺いました。

「留学」という大きなチャレンジにどのように踏み出し、
ロサンゼルスで何をつかんでいるのでしょう?
留学を検討中の皆様にもご参考にしていただければと思います。

當麻さやかさん

自分の興味と情熱を「仕事」にしたい!

<留学決意の決め手>


過去に何度もロサンゼルスを訪れていた経験から、ロサンゼルスの地が大好きになり、「いつかまた住んでみたい!」とずっと考えていました。通訳にも興味があったので、「留学」と「通訳」のキーワードでインターネットで検索したところ、JVTAロサンゼルス校の存在を知りました。ちょうど東京校で無料体験セミナーを開催していたので、まずはセミナーに参加しました。

映像翻訳という職業は知らなかったのですが、もともとアメリカのテレビドラマや映画が大好きでしたし、大学時代には、海外ドラマを使用した第二言語習得法の研究を卒論テーマにしていたので、まさに自身の趣味や興味のあることを仕事に結び付けられるチャンスだと強く感じました。

私は個人事業主としてオンラインショップを運営していますが、この仕事もゼロから始めたことでした。今回も全く未経験でしたが、迷わず挑戦してみようと思い、お店をいったん閉めて、JVTAロサンゼルス校への留学を決意しました。

<入学後の手ごたえ>


映像翻訳のクラスでは、様々なジャンルの素材を使って学びます。それが日々刺激的で授業にも楽しく取り組めています。日々の生活の中でも、テレビ番組などから、リアルタイムでアメリカの文化や風習に触れることができるので、映像翻訳の勉強に役に立っています。テレビドラマが大好きなので、最新のものに触れることでモチベーションアップにもなっています。

特に、アメリカの大型スーパーの名前や、流行の食品やアイテム、場所などの固有名詞を含む台詞が出てきたときに、そこにどのようなニュアンスが隠されているのかを理解できるのも、ロサンゼルスで生活して文化や風習に馴染んでいるからこそ。台詞の真意やアメリカならではの言い回し、時事ネタに関するジョークなどを理解できるようになったのも、留学している利点だと思います。

通訳と実務翻訳のクラスは、「経済」、「文化」、「医療」、「法律」など幅広い分野の教材が使われています。また、契約書、ビジネス文書、官庁文書など、普段は触れない文書を使うことも多いので、課題に取り組む中で自然と自分の知識の幅が広がりました。

映像翻訳の授業で扱う分野も合わせると、エンターテインメント業界も含む本当に幅広いジャンルの「翻訳」を学んでいます。日を追うごとに専門的な英語運用能力が身についてきたと実感するので、これからも学習を続けていこうと思います。

もうすぐ1年間のコースが修了しますが、延長する予定です。目標は、いつかオンラインショップの仕事を副業にして、映像翻訳の仕事をメインにしていくことです。まずはその夢に向かって、トライアルに合格できるよう、日々のスキルアップに励みたいと思っています。

↓その他の受講生さんのインタビューはこちらです!↓

郡司 千代さん

日本とアメリカで育った帰国子女。(小・中学校をハワイ、中3から高校までを日本、短大をシアトルで過ごす。)日本映像翻訳アカデミー(JVTA)東京校で基礎?・基礎?を受講後、ロサンゼルス校へ
インタビューはこちら

島 裕貴さん

日本の素晴らしい古典文学を「海外」へ伝えたい。夢を叶えるために「伝える力」と「語学力」を留学で身につけるためJVTAロサンゼルス校へ
インタビューはこちら
一覧に戻る