海外大学字幕プロジェクト

Heinrich Heine University Dusseldorf
ハインリッヒ・ハイネ大学デュッセルドリュフ
期 間
2022年4月20日~2022年5月13日
参加人数
28名
作品名
『転回』(2021年/カラー/14分/監督:岩﨑敢志)PFFアワード2021審査員特別賞受賞作品
JVTA 担当講師
ビル・ライリー、石井清猛
大学からのメッセージ
ミヒャエラ・オーバーヴィンクラー教授

ミヒャエラ・オーバーヴィンクラー教授

Dr. Michaela Oberwinkle

JVTAとの共同プロジェクトは、学生にとって、プロが制作する字幕翻訳についての知見を深める絶好の機会です。字幕をつけた映画は後々実際に多くの観客に紹介されるため、プロジェクトに取り組む学生のモチベーションが非常に高まることが期待されます。また、日本の文化や社会について学ぶ良いチャンスにもなるはずです。

The cooperation with JVTAis a great opportunity for our students to gain insight into professional subtitling of films.I think it’s very motivating that the translatedfilm will actually be presented to a larger audience later on.The course also provides a good chance to learn about the Japanese culture and society.

Project News記事一覧

言葉をつむぎ、映画でつながる~JVTA×学生「海外大学字幕プロジェクト」~

Weaving words, Connecting through films ~JVTA×Students Global Universities Subtitling Project~

■ドイツの若者が「ニッポン」を語る
世界最大の日本映画祭「ニッポン・コネクション」が、今年もドイツのフランクフルトで開催される。最新の日本映画を発信する 同映画祭は、20年以上にわたり映画を通じ日独文化交流に貢献してきた。ドイツにおける日本文化への関心は映画だけでなく、アニメや漫画、音楽、文学作品も人気だ。

ドイツのハインリッヒ・ハイネ大学にも、日本の文化と言葉を愛する若者たちがいる。同校は2017年からJVTAの海外大学字幕プロジェクト(GUSP)に参加し、今年は「ニッポン・コネクション」出品作である『転回』の英語字幕を手がけた 。初めての日英映像翻訳に取り組む学生たちが、日本語との出会い、その魅力について語った。

「日本のアニメや漫画が好きで、日本語に興味を持ちました。漢字と仮名を使い分ける、目上の人には敬語を使うなど、日本語は複雑で難しい。でも、そこが面白いです」(ハインリッヒ・ハイネ大学 学生 )

日本のアニメ・漫画人気は健在 だ。『ハイキュウー‼』『呪術廻戦』『SPY×FAMILY』など、学生たちは話題の作品を次々と挙げた。だが、彼らの好奇心はすでにアニメだけではない。 『オレンジデイズ』、『容疑者Xの献身』、King Gnuなど、ドラマや小説というさまざまな「ニッポン」であふれる。 学生 たちはあらゆるジャンルを通じて日本の人々と社会を知り、言葉と文化への探究心を高めている のだ。

「例えば『ヤバい 』には、たくさんの意味があります。でも日本人同士の会話では 、その『ヤバい』が何を意味するのか 誰もが理解している。日本語のユニークな点は、文脈とニュアンスで会話が成立するところです」(ハインリッヒ・ハイネ大学 学生 )

「夏目漱石が“I love you.”を『月がきれいですね』と訳したのも、ハイコンテクストな日本語ならではの感情表現だと思います。アニメや漫画も好きですが、文学作品からも豊かな表現を学ぶことができます」(ハインリッヒ・ハイネ大学 学生 )

これまで学生たちは、日本の映像作品や書籍で日本語を学んできた。今度は自らが、その学びを活かして映像作品制作の一員となる。字幕制作の舞台裏は、次回レポートでお届けする 。
■Germany's youth talk about Nippon
The world's largest Japanese film festival Nippon Connection will be held in Frankfurt, Germany, again this year. The festival, which presents the latest Japanese films, has contributed to cultural exchange between Japan and Germany through cinema for more than 20 years. In Germany, interest in Japanese culture is not limited to films; anime, manga, music, and literary works are also popular.

Heinrich Heine University in Germany also has young people who love Japanese culture and language. The university has been participating in JVTA's Global University Subtitling Project (GUSP) since 2017, and this year they worked on the English subtitles for Volte-Face, a Nippon Connection program entry. The students, working on their first Japanese-English visual media translation project, talked about their encounters with the Japanese language and its appeal.

"I became interested in the Japanese language through my love of Japanese anime and manga. The Japanese language is complex and difficult - you have to use kanji and kana properly and use polite expressions for superiors. But that is what makes it so interesting". (Student, Heinrich Heine University)

The popularity of Japanese anime and manga is still very high. The students mentioned several popular works, such as Haikyu‼, Jujutsu Kaisen, and SPY x FAMILY, one after another. However, their curiosity has already gone beyond anime. They were also immersed in different types of Japanese media - dramas and novels such as Orange Days, The Devotion of Suspect X, and King Gnu. Students learn about the people and society of Japan through all genres and develop an inquisitive mind caring about the language and culture.

For example, the word 'yabai' has many meanings. But when Japanese people use it in conversation, everyone understands what that specific 'yabai' means. The unique thing about the Japanese language is that context and nuance make the conversation work.

The way Soseki Natsume translated "I love you" into "The moon is beautiful, isn't it?" is another emotional expression that shows us the uniqueness of the high-context Japanese language. I like anime and manga, but I can also learn rich expressions from literary works" (Student, Heinrich Heine University).

So far, students have learned Japanese through Japanese films and books. Now they will be able to use what they have learned to become a part of the film production process. We will give you a behind-the-scenes look at the subtitling process in the next column.
写真
■日本語と向き合った2カ月
4月、ハインリッヒ・ハイネ大学でGUSPオンライン講義がスタートした。学生たちが英語字幕を手がける作品は、PFFアワード2021審査員特別賞を受賞した『転回』(岩﨑敢志監督)。芸術創作という共通点でつながった男女3人の人間模様を描いたショート・フィルムだ。学生30名は5つのグループに分かれ、14分間の映像に英語字幕をつける。自グループの場面だけでなく、前後を担当するグループと話し合いながら、字幕全体に一貫性を持たせなければならない。

初めて映像翻訳を体験する学生たちは、人物や場面に合わせた言葉選びに苦労していた。例えば、主人公2人の会話で「微妙?」という台詞が登場する。当初、学生たちは“Not good?” と訳したが、対訳の候補は必ずしも1つではない。“Not great?” “Not bad?” など、バリエーションはいくつもある。場面から伝わる様子や人物の関係性を理解したうえで最も適切な訳語を選ぶのが、映像翻訳ならではの難しさだ。

「字幕を見直していると新たなアイデアが浮かんで、何度も修正しました。映像翻訳では『100%の正解』といえる訳語はありません。ニュアンスを捉えて翻訳するのは、本当に難しかったです」(ハインリッヒ・ハイネ大学 学生)

全4回の講義を終え、5月27日、いよいよ英語字幕付きの『転回』が「ニッポン・コネクション」でお披露目となった。ハインリッヒ・ハイネ大学の学生2名が同映画祭に参加し、仲間たちと作り上げた作品を現地で鑑賞した。

「たくさんの人に『転回』を観てもらえて、とてもうれしかったです。エンドロールで自分たちの名前が流れたときは、誇らしい気持ちになりました。GUSPの経験を活かして、日本のドラマやアニメの字幕制作にも挑戦してみたいです」(ハインリッヒ・ハイネ大学 学生)

学生たちは2カ月にわたって映像制作に携わった。22年前、たった2人の大学生が立ち上げた「ニッポン・コネクション」 は、同じように日本を愛する多くの学生によって今も支えられている。

・JVTA Meets PIA Film Festival: Shorts
■Two Months of Working With the Japanese Language
In April, GUSP's online classes started at Heinrich Heine University. The film the students created English subtitles for is VOLTE-FACE (directed by Takeshi Iwasaki), which won the PFF Award 2021 Jury's Special Prize. It is a short film about three young people connected by a common interest in artistic creation. The 30 students were divided into five groups to create English subtitles for the 14-minute film. The students communicated with the groups in charge of scenes before and after their own scenes when writing subtitles to ensure consistency.

The students, who were attempting visual media translation for the first time, had a hard time choosing the right words to match the characters and scenes. For example, the line "微妙?" appears in a conversation between two main characters. At first, the students translated it as "Not good?" but there is always more than just one possibility for a translation. There are many variations, such as "Not great?" and "Not bad?". The most challenging part of visual media translation is choosing the most appropriate translation based on understanding the scene and the relationships between the characters.

"When I was reviewing the subtitles, new ideas came to me, and I revised the phrases I was using repeatedly. In visual media translation, there is no ‘100% correct answer’. It was tough to capture the nuances to translate well". (Student, Heinrich Heine University)

After four classes, VOLTE-FACE was finally unveiled at Nippon Connection on May 27th with English subtitles. Two students from Heinrich Heine University participated in the festival and watched the film they created subtitles for with their friends.

"I was thrilled that so many people were able to see VOLTE-FACE and I was very proud when the film showed our names in the ending credits. I would like to use my experience at GUSP to try my hand at subtitling Japanese TV dramas and anime". (Student, Heinrich Heine University)

Through GUSP, students were able to experience subtitle creation for two months. Nippon Connection, launched 22 years ago by just two university students, is still supported today by many students who share the same love of Japan.

・JVTA Meets PIA Film Festival: Shorts
写真