海外大学字幕プロジェクト

短編映画の魅力を世界に発信
ゲント大学ゲント大学
New Topic
講義のもよう

ゲント大学の学生が英語字幕を手がけた『オオカミによろしく』を公開

後日レポートする第5講を経て完成した、字幕入り動画を先行公開します! 英語字幕を手がけたのは、ゲント大学の学生。彼らがはじめて挑戦した英語字幕の出来栄えをぜひご覧になってください。

MORE
海外大学字幕プロジェクトとは?

「海外大学字幕プロジェクト」は、日本語や日本文化を学ぶ海外の大学生らが、業界の第一線で活躍するプロの映像翻訳者から指導を受けながら、日本の短編映画に英語字幕を付け、世界に向けて発信していきます。

参加校は、ベルギーのゲント大学とアメリカのポモナ大学の学生。指導にあたるのは20年間に4000人以上のプロ映像翻訳者を育成してきた日本翻訳アカデミーの映像翻訳ディレクターです。 講義にはビデオ会議システムを導入。東京にいる講師と現地の教室をつなぎ、ディスカッション形式で2カ月にわたるカリキュラムとして翻訳作業を進めていきます。時には、ベルギー、アメリカ、東京をつなぎ合同ディスカッションなども予定。各大学オリジナルの英語字幕を完成させていきます。その作品のPRなども学生自身で行い、最終的に、上映会で上映します。

“クールジャパン”には欠かせない大きな要素、「映像作品」。字幕翻訳には作品の内容に加えその背景にある社会や文化を調べる作業が必須です。参加する学生たちは一本の短編映画と対峙することでより深く日本を知り、その魅力や課題を世界に発信する担い手として、確実に成長を遂げるでしょう。同時に、彼らが翻訳・発信を手がけた字幕つき作品は国境や文化の壁を越えて世界中の視聴者に制作者の想いを届けるはずです。

本ページでは、翻訳作業を通じて日本を学び、世界に発信する学生たちの姿を追います。

●本プロジェクトは、ゲント大学日本学研究所およびポモナ大学アジア言語文学学部と日本映像翻訳アカデミーとの共同プロジェクトとして企画されました。

The Global Universities Subtitling Project provides an opportunity for students of Japanese and Japanese culture to receive professional visualmedia subtitling training and the chance to create subtitles for a Japanese short film bound for a global audience.

The universities participating in the project are Ghent University (Ghent, Belgium) and Pomona College (California, USA). The instructors will be directors from the Japan Visualmedia Translation Academy, who have taught more than 4,000 students over 20 years. Lessons will be conducted via a stable WEBEX connection (an online video meeting system). This system will connect the directors in Tokyo with the students abroad and they will work on subtitling for 2 months in discussion style classes. There will be joint discussion among Tokyo, Belgium and the USA. Once each university finishes their English subtitling, students will also be responsible for the PR leading up to the final screening.

This course is currently offered at Ghent University, Institute of Japanese Studies and Pomona College, Asian Languages & Literatures Department in collaboration with Japan Visualmedia Translation Academy.

参加校
ゲント大学 ゲント大学

1817年創立。文学、生物工学、医学と多様な11学部が設置されており、およそ4万1000人の学生が学んでいる。日本語専攻コースの学生たちは現代語や古語を徹底的に習得するほか、日本史、日本文学、日本文化研究といった領域で学びを進める。 Established in 1817. Consists of 11 various faculties including Arts and Philosophy, Bioscience Engineering, and Medicine and Health Science. There are 41,000 students.

アンドレアス・ニーハウス教授

学生たちが「海外大学字幕プロジェクト」を通じて身につける知識と経験は、彼らの将来の研究に必ず役に立つでしょう。彼らが日本文化をより理解し、世界中の日本を学ぶ学生らと交流することを期待します。 The Global Universities Subtitling Project will give our students the opportunity to build up expertise and experience in a potential future work field. My hope is that they will also learn more about Japanese culture and exchange their thoughts with students in Japanese studies around the world.

JVTA講師陣
石井清猛

日本映像翻訳アカデミー
映像翻訳ディレクター/講師
国内外の大学、高校、中学から招へいを受け映像翻訳に関する講義を行う。
Senior Managing Director in the Media Translation Center at JVTA. Ishii is a veteran instructor and coauthor of "Practical Training Method for Visualmedia Translation."

ジェシー・ナス

日本映像翻訳アカデミー
映像翻訳ディレクター/講師
JVTAの日英映像翻訳科で講師を務めるほか、講師の育成やカリキュラム開発なども手がける。
A Translation Director in the Media Translation Center at JVTA, Jessi is also responsible for instructor training and curriculum development.

字幕翻訳の指導を行う日本映像翻訳アカデミーとは
映画の字幕や吹き替え音声など映像コンテンツの翻訳者を養成する職業訓練校。1996年に開校以来、多数のプロを輩出。現在はコミュニケーションスキルのスクールGCAI〈ジーカイ〉も運営する。

About JVTA
Since opening in 1996, the Japan Visualmedia Translation Academy has guided a large number of students on the path to becoming professional translators of visualmedia content.

短編映画

課題作品『オオカミによろしく』(真田幹也監督/2014年/20分)

樫村タマキ(33歳)は父の墓参りで秩父に帰省し、子供の頃を思い出した。ニホンオオカミを探しに森の奥深くへ入っていったことを。小学三年生のタマキと勉は、秩父の山の中へオオカミを探しに、どんどん森の中へ入っていった。それは、子供にとって、大きな冒険だった。しかし、オオカミは見つからない。夕暮れが迫ってくる。そのとき、二人にある試練が待ち受ける。大人になるための大きな試練が…。そんなことを思い出した大人になったタマキは、また森の中へ入っていく。そして、思いもよらない出来事と遭遇する。それは、タマキを勇気付け少しだけ胸を熱くさせた。これはニホンオオカミを探し出すという夢を見た、子供と大人の物語である。
監督:真田幹也

カリキュラム オリエンテーション

・映像翻訳概論

・良い字幕、悪い字幕とは?

・字幕制作の手引き

・“調べもの”のスキル

・日本の映像作品を使った字幕制作演習

- Introduction to visual media translation

- What are good and bad subtitles?

- Subtitling guidelines

- Research skills

- Subtitle exercise using clips from Japanese feature films

次週までの課題

字幕翻訳する短編映画を観る。担当箇所の内容を直訳・ログライン(話の内容を一言で伝えるもの)制作の準備をしておく。

Homework for the next class

Watch the short film and prepare a semantic translation and logline (one sentence description of the story) of assigned part of the short film.

ストーリー構成と直訳

・映画の物語構成にまつわるイントロダクション

・グループディスカッション/短編映画分析

・文化背景と観客が感じる疑問について

・映像作品の世界観、トーン、構成

・課題のレビューとフィードバック

- Introduction to narrative structures in films

- Group discussion / Analysis of the short film’s structure

-Cultural context and audience reception

- Style, tone, and structure within visual narrative
Review and feedback on homework

次週までの課題

短編映画のうち、担当する箇所の直訳・ログラインを制作してくる。

Homework for the next class

Produce a semantic translation and logline of assigned part in the short film.

直訳から伝わる翻訳へ

・課題のレビューとフィードバック

・映像作品における声、キャラクター、対話

・シーン、シークエンスの分析

- Review and feedback on homework

- Voice, character, dialogue within visual narrative

- Analysis of scenes and sequences

次週までの課題

短編映画のうちの、担当する箇所の字幕翻訳を行う。(提出はエクセル形式)

Homework for the next class

Produce subtitles of assigned part and submit it in Excel.

字幕制作実習1

・課題のレビューとフィードバック

・制作した字幕を上映してみる

- Review and feedback on homework

- Check the subtitles on the screen

次週までの課題

短編映画のうちの、担当する箇所の字幕翻訳を行う。(提出はエクセル形式)

Homework for the next class

Produce subtitles of assigned part and submit it in Excel.

字幕制作実習2

・課題のレビューとフィードバック

・制作した字幕を上映してみる

- Review and feedback on homework

- Check the subtitles on the screen

次週までの課題

短編映画のうちの、担当する箇所の字幕翻訳を行う。(提出はエクセル形式)

Homework for the next class

Produce subtitles of assigned part and submit it in Excel.

特別上映会

制作した字幕をつけた、短編映画の上映会を行う。宣伝から運営までを学生たちが行う。

With the students’ final subtitles, the short film will be shown in a special screening event, which the students are going to organize, promote and run.