日本映像翻訳アカデミー

総合コース・Ⅱ Intermediate 講師紹介

総合コース・Ⅱ Intermediate コース概要・料金 カリキュラム<

日本映像翻訳アカデミーの講師は、いずれも映像翻訳・メディア業界の第一線で活躍するプロフェッショナル。当校が構築した全体プログラムを十分に理解したうえで、最も得意とするテーマを担当します。受講生を指導する熱意に満ち、教室では自身のノウハウや経験を惜しみなく伝えます。

★深井 裕美子/通訳者・映像翻訳者

長年にわたり報道・ドキュメンタリー・情報番組および企業VPを中心に映像翻訳に関わる一方、出版・実務翻訳や取材・商談通訳、発音指導・英語作詞など多岐に渡る分野で活躍中。訳書に『ダンスは死の招き』『チェシャ・ムーン』など。ファッション/アート雑誌「high fashion」では英訳を担当。翻訳会社(株)ネスト代表取締役。

★加藤 亜弓/映像翻訳者

当校在学中から日本語講師として活躍する一方、修了後はフリーの映像翻訳者として活動を始める。CS放送のテレビドラマや映画のコメンタリーなど字幕翻訳を中心に活躍中。DVD本編『炎の英雄 シャープ』、『Mr. ビーン カンヌで大迷惑?!』、テレビドラマ『ラスベガス』(シーズン1~2)など実績多数。その他、ナショナルジオグラフィックチャンネルのボイスオーバー翻訳も手がけている。

★瀬谷 玲子/映像翻訳者

商社勤務、英語科講師を経て翻訳者に。映画『パワーパフ ガールズ』、テレビドラマ『ビバリーヒルズ青春白書』、DVD映画本編『ノーカントリー』、『レオン』、『愛しのローズマリー』、『蝋人形の館』、機内用映画『ドリヴン』など、吹き替え翻訳を中心に数多くの作品を手がける。出版翻訳の分野でも活躍中。

★野村 佳子/映像翻訳者・通訳者

外資系銀行に6年間勤務後、フリーランスとして映像翻訳に従事。リアリティ番組『クイア・アイ』、ドラマ『グレイズ・アナトミー』、劇場公開作品『ザ・L.A.ライオット・ショー』、ビリー・ジョエルやジミ・ヘンドリックスの音楽系DVDなどを多数手がける。映画や音楽関連のインタビュー通訳や現場通訳も務めている。

★新楽 直樹/日本映像翻訳アカデミー(本校・ロサンゼルス校)代表

雑誌編集、メディア・プランニング会社経営を経て、1996年に日本映像翻訳アカデミーを設立。500名以上のプロを育成し、「映像翻訳」という職能の確立・定義を行う。編・著書に、「映像翻訳者になろう」、「翻訳者になるための練習問題100」、「ライターになるための練習問題100」など。

お問い合わせ

資料請求はこちら